銀行でのやり取り
BoA4
口座開設のときに銀行で2時間かかったのは以下のやり取りがあったからです。

まず銀行に入って、とりあえず窓口の人に「口座を開設したい。」と言ったら「あっちのデスクに座ってる人に言ってちょうだい」とのこと。

今度はデスクの男性に「口座を開設したい。」と伝えるとその担当者は「OK、椅子にかけて。身分証明書は持ってる? #)$5&%1$(`*2?\=|@~;/!... 」全く何を言ってるのかわからない。二人でポカーンとしていたら、相手が「この二人英語分かんねぇんだな」と気付いたようで、「通訳必要か?」みたいなことを言ってきた。
もちろん「Yes, Yes, Please!」と答えると、何語を話すのかを聞いてきてどこかに電話をかけ始めた。デスクの人が何やら英語でしゃべっているなと思っていたら突然 受話器を夫に渡した。

夫「Hello, もしもし、はい、はい、そうです。お願いします。
おっ!日本語で話してる。
これで口座の開設は問題なく終わりそう。
... Read more ▼
でも電話での通訳をはさんだうえ、夫がアメリカの銀行の情報を理解してなかったり(口座の種類とかデビットカードのこととかの説明をいちいち詳しく聞いていた)、銀行の担当者がオンラインバンキングを勧めてきて、その設定(メアドやパスワードの設定とその使い方)に時間がかかってしまった。

しかもメモmemoをとりながら聞いていたのに、夫は字が上手いとは言えない方だから後でそのメモ見ても読めないし…。私が電話に出れば良かった。

日本から持ってきたトラベラーズチェックをデポジットし、キャッシュカード用の写真を撮ったり暗証番号の設定などして、仮のチェック(小切手)を3枚ずつもらい、二人のの仮のキャッシュカードをアクティベートして手続きが無事?終了笑い。

キャッシュカードは10日から2週間以内に指定した住所(とりあえず夫のラボのBOSS宛)に届く、住所などの連絡先や夫のソーシャルセキュリティーナンバーは決まりしだい銀行に連絡するよう言われ、銀行を後にしたのでした。

スポンサーサイト



Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

ぺあとら

Author:ぺあとら
性 別:女性
血液型:AB型
出身地:北海道

2011年9月帰国

FC2カウンター
最新記事
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
整理整頓が不得意なため、カテゴリの分類も上手く出来ていません・・・。 あしからず。
クリック募金
クリックで救える命がある。
RSSリンクの表示
リンク
おもしろ絵日記ブログ
めぐろのY子より
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
map
flag counter
free counters